群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■真実はどこに・・・

最近話題のFlashですが、どうにもこうにも、BGMの森山直太郎の『さくら』と映像がかなりシンクロします。
実は『さくら』の歌詞は特攻隊で旅立つ友への歌だったんじゃないかなと思いました。

特攻用の戦闘機は確か『桜花』って言う名前だったような気がします。

そんな事を考えながら、聞いてると、卒業とかそんな生半可な別れの曲ではなくて、永遠の別れの歌なんだと思って、ちょっと鳥肌立ちました。

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 
変わらないその想いを 今



この部分なんか今まさに特攻に旅立つ情景を想像してしまいます。

もちろん、森山直太郎自身がまったく違う考えかと思いますが
このFlashがどういう意図で特攻隊の話と『さくら』をBGMに使ったのかわかりませんが
中国の反日感情とか、靖国参拝問題とか色々あるなか、多くの無駄死にした人々の犠牲の上に成り立つ日本の戦後は、ちゃんと戦時中の日本を理解しているのか
考えさせられました。

5/27追記:
偶然というか何と言うか。フィリピンにて旧日本兵が発見された
まだ数十人がいるとも言う。戦後は確実に終わっていなかったと思う。60年の間この人達は戦後日本に置き去りにされたのだ。
形式だけの靖国参拝パフォーマンスに何の意味があるのだろう
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。