群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやはやもうGWも終わりですねって、まだ後半戦の人もいるんでしょうが、なんだかんだでダラダラモードで終わりそうな感じ、一緒に旅行にでも行く彼女でもいればなぁなんて思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?(w

そんな心はロンリー気持ちは・・・の気分の中、永遠の心の恋人(なんちて
時をかけぬけた原田知世が遂に結婚いたしました。おめ!
なんかこう昔の彼女が結婚したよって、耳にしてノスタルジックな気分に浸る感じ(^^;
というのも、実は一番最初に見た映画が『時をかける少女』で(当時は今とちがって、同時上映の2本立てで、ホントの目的は『探偵物語』でした)当時の薬師丸ひろこブームのせいか立ち見まで出る始末でしたが
tokikake.jpg

自分は、同時上映の『時かけ』の方にはまってしまい、エンディングロールの最後で、大画面の中ではにかんだ笑みを浮かべる原田知世(確かこれがデビュー作で、誰だかその時はわかりませんでした)にすっかりハートを奪われ、銭形警部風に言うと”奴はとんでもない物を盗んでいきました”って言うくらい小学生のオイラの心を盗んでいきました。映画館を出る頃にはすっかり恋していて、おかっぱ頭が好きなタイプのデフォルトになったのはこのためですね。
今でもおかっぱショートヘアにドキっとするのは、この時のトラウマに違いありません(w

この幼少時?体験が今の色んな事の原点だったりするなーと思う、このおかげで角川映画から始まって、映画好きになり、原作本をよんで筒井康隆や不条理、SF、メランコリーでせつな系とかが好きになり、色んな面で自分の『核』を構成する要素のきっかけになりました。
その後は、普通に原田知世が出ている本や、レコードとか買ったりして、一時期は夢中でしたが(^^;
次第に、そんな季節も過ぎ、後ちょっとトーレヨハンソン絡みで音楽も聴いたり、TV.Brosの連載コラムがつまらんと散々叩かれたり、あCMとか出てるんだぁと、すっかり忘れていた矢先。

とうとう”深町君”を探し当てたのですね、土曜日の実験室でラベンダーの香りで記憶を消され、すれ違っても気付かない切ないラストシーンから20数年、時をかけぬけた少女に終止符を打ったわけで、桃栗3年柿8年、僕の中の永遠の”芳山さん”も卒業できた気がしました。(今リメイクするなら堀北真希ですね)

そんなノスタルジックな話で盛り上がったGWの友人たちとの飲み会
勢いで夏に”尾道3部作を訪ねる旅”が決定いたしました(^^;

みなさまへ
姑獲鳥の夏
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。