群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.livedoor.com/

3月になってライブドアもTOPページがリニューアルしたようです
これがまた、なんとも言えずしょっぱい!
何でこうポータルとしての信頼感とか華やかさが無いんだろう
これもホリエモンの合理主義を表しているのか、事務的なTOP

どっちにしてもライブドアのような具体的製品の無い会社にとって
その自社ページに企業イメージの心理的効果を出すと言うことは考えないのだろうか?
使い勝手を追及した感じでも無く、ヤバイもんでも隠したか?
Yahoo!のマネと言われないようにするためにリニューアル?

やっぱり既存のIT企業を買収して、でかくなった投資会社が
作ってる『見せ掛けIT企業』感を実にうまく表現して(以下略

ホリエモンのM&Aセミナー\84,000のプライスだそうで
やっぱり本業はそっち方面なのかと・・

ITとラジオのシナジー効果と言うのも、いまいち説得力が無いのも
プランなんて特に無いけど、対外的に乗っ取りのイメージを和らげるために、マスメディアを使って言ってるだけに見える。言わんとしてる事は、遥か昔にインターネットの可能性について、誰もが論議していた事だ、新しい提案を言ってるわけじゃない。

だから、細かい所を突っ込まれると、ちょっとむきになってキャスターとケンカ腰な答弁の繰り返し、発言に自己矛盾が起きているから、逆に胡散臭いイメージを作っている、
この辺り、あの上祐氏にイメージがダブるんだよな
乗っ取りだと言い切ってしまった方が潔いよ。わかりやすいし(^^;

ところがCX側は例の新株予約権の記者発表会見で、圧倒的に『悪』のイメージを一般世論に植えつけてしまった、肝心のCX側がマスメディアの使い方を間違ってる
CX以外のメディアは『善VS悪の構図』をわかりやすく作ってしまえば、あとはどっちが善か悪か関係無い、子供からおばちゃんまで単純な図式で話題になれば、視聴率が取れる、新聞が売れる。

マスメディアはただそれだけなのだ、
ホリエモンvsフジと言うネタになるコンテンツを手に入れた、
これで結局はプロ野球新規参入の時と構図が一緒だ
悪の機構側=フジサンケイグループになってる(^^;
これで世間一般のホリエモン頑張れの風潮に導く可能性
つくづくマスメディアイメージって怖い・・
ライブドア支持が5割、フジテレビ不支持が6割

ANNの世論調査で、ライブドアの一連の行動について5割近くが「支持する」と答えたのに対し、フジテレビの対抗策については6割以上が支持していないことが分かりました。


livedoorもCXもどっちが悪なのかはわからんが、上場廃止になるかも知れないのに、ニッポン放送の社員や一般の株主にとっては両社確実に『悪』である。
ドン引きだよ(>_<)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。