群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドン現地時間で7・22から始まるBritish Motorshowが久しぶりに面白そうです。

欧州勢の電気自動車の力の入れ具合やら、久しぶりのロータスNewモデルやら、そしてAlfaromeo MiToの待ちに待ったワールドプレミアだったり、かなり盛りだくさんの内容ですよ

で、まずは久しぶりのロータス世界デビュー!
Newモデル'Project Eagle'と名付けられて来た車が公開されました。
ポルシェ911あるいはケイマンの対抗馬として企画され、2009年の春に発売予定のプロダクションモデル、ミッドエンジンの2+2でトヨタ製の280馬力3.5リッターV6エンジンを積むと言うことです。
年間2000台の生産を予定してるらしい

1578853144.jpg
1578853349.jpg
1578853923.jpg

Fordグループに属していたジャガーやランドローバー等の英国ブランドがかつての植民地である国の会社に半ば投売りされたりしてる状況下で、英国車としては久々の景気のいい話ですねw
と言ってもロータスも資本はもはやイギリスでは無いんですが(マレーシアの自動車メーカー、プロトンの傘下)、そんな背景を抜きにしても1995年発表のElise以来の非常に魅力的なスポーツカーです。

特に注目すべきなのはデザイン(だから記事にしてるんだけどね(^^;)
ロータスの社内デザインです、ラッセル・カーと言う人がチーフDesignerらしい
ボディ後半の感じが若干Zagatoっぽくて、ZagatoがFerrariをデザインして見ましたって感じ
eagleteam.jpgimotorcover.jpgproject_eagle.jpg


ロータスのFamily faceとでも言える特徴的なスマイル系のグリルからフロントフェンダーを通り綺麗にサイドのエアインテークまで流れるラインが非常に美しい。マッチョになり過ぎない程度の抑揚のある面構成と相まって、コンパクトながらエモーショナルなデザインになっています。
イタ車だったらもっとクセのあるデザインになる所を、欲張り過ぎず落ち着きを払ってるところが英国調なんでしょうか(^^;

9歳くらいの子供までなら乗れるらしいが、2+2と言っても後席は殆ど荷物置き場に過ぎ無いんだろうね、でも無いよりマシ
ぱっと見は2シーターにしか見えないこのプロポーションで実現できたことに意義がある!


もう911のライバルとしては英国ブランドのAstonmartin Vantageがあるわけですが、それよりもライトウェイトでしかもシンプル且つダイナミックなこのデザイン、成功が約束されてんじゃないのっ?

正式名称はショーの当日に発表らしい、結局”Esprit”の名前が復活か?(Evoraが有力らしい)
発表が楽しみですな

やっぱりEvoraになったとさ!


日経プレスリリース
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。