群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/10/news006.html


 米Googleは10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表した。買収は株式交換によって行われる。

 買収完了後もYouTubeはこれまで通り独立した形で、YouTubeブランド名でサービスを提供し、カリフォルニア州サンブルーノの拠点、従業員も温存される。

中略

 また10月9日に開かれた記者会見で、「YouTubeの買収でGoogle Videoは放棄するのか」という質問に対しては、「Google Videoは重要なサービス。放棄することは絶対にない」と否定。またYouTubeのチャド・ハーリーCEOは「これまで繰り返し『売却の意志はない』と述べてきたのに、Googleへの売却を決心した理由は」という問いに、「売却を否定してきたのは、独立した形でサービスを提供できなくなるのを恐れたため。Googleの買収ではそれ(独立)が可能だから」と答えた。


プレスリリース- Google To Acquire YouTube for $1.65 Billion in Stock

以前より噂に上っていた買収話が実現した模様です。グーグルがほぼネットを支配していた中で唯一負けサービスであった、動画分野の最大のライバルYouTubeを手に入れたことによって、全方位磐石の体制が整った感じですね、買収が急がれたのは、Flickerやdel.icio.usを手に入れた米Yahoo!に奪われないためかなぁなんて・・・、

もちろん手っ取り早くメディアとして機能しているYouTubeを手に入れて、メディア戦略をGoogleとしては急いだのかも
スケールメリットを採った形になるのかなぁ

どっちにしても今後が微妙だったYouTubeは最大の売り時のタイミングだったわけで、ライバルを吸収したGoogle共々win-winですね(^^;
創業者は儲かっただろうな~( ̄ー ̄)ニヤリ
(実際は投資したベンチャーキャピタルだけって話もあるが)

ネットのあちら側は制圧した感のあるGoogle、こちら側におけるハード面においてもGoogleのCEOはAppleの取締役になり、あちらとこちらを繋ぐブラウザはFirefoxに関与、ネットやIT界からMS帝国を退場させるのもそう遠く無いかも知れないですね
GoogleがYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価する

YouTubeは創業から二年たっていない。サービス本格スタートからほぼ一年。それが約2,000億円の価値に変わった。何という加速感であることか。Googleの傘下に入ることは、YouTube創業者にとって、NASDAQ上場よりうんといい話だったのだ。こういう傾向は、今後もしばらく続くだろう。ある種のベンチャーにとっては、GoogleがNASDAQの代わりになったということだ。



あのYouTubeがついに?!--ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ(CNETより)


Warner MusicがYouTubeと共同事業,Warner音楽ビデオをユーザービデオに開放


今後はいわゆるグレーゾーンの問題がどう解決されてくるのか注目、言ってみれば”その部分”がYouTubeの魅力の部分だったわけで、特に日本からのトラフィックが多いその”何でもあるのが魅力”の部分が買収によって薄められたら、ユーザーの反応がどうなるのか、第2のYouTubeに流れるのか、Googleの力で持って著作権問題に新たな展開を見せるのか、買収は失敗だったとなるのか
しばらく目が離せないですね(´ー`)y-~~~

YouTubeの歩みコピペ
◆ YouTube 略歴
2005年 2/15 ドメイン取得
 ( 4/13 Google Video 一般からの動画投稿を受付 )
5月 仮オープン
11月 正式オープン
11/7 ベンチャーキャピタルから350万ドルの投資を受ける
12月 NBCサタデー・ナイト・ライブなどがアップロード、アメリカのブログなどで話題に
12月 アクセス数で Google Video を抜く
2006年1月 2chなどで話題に
2/16 NBCの抗議を受けサタデー・ナイト・ライブの映像を削除
3/27 アップロードできる動画の長さを10分に制限
4月 総動画数4000万を突破
4/5 再び800万ドルの投資を受ける
6月 著作権侵害動画の削除が活発に
6月 JASRACが管理楽曲を含む動画の削除要請を開始
6/27 NBC、YouTube上で番組宣伝活動などを行う戦略提携を発表
7月 総動画数1億を突破
7/13 米Logitech、YouTubeへの簡単投稿が可能なWebカメラソフトなどで共同マーケティング契約
 ( 7/13 フジテレビ、サイバーエージェントなどが動画投稿サイト参入 )
7/25 JASRAC、上記措置をマスコミに公表、ACCSも同措置を検討と報じる
8/2 Lucasfilm、オリジナルファン動画などが削除されたことに対し再掲載を要請
8/11 米Time誌「2006年の最もクールな50のサイト」記事で YouTube が選ばれる
 ( 8/23 Sony Pictures、動画共有サイト Grouper.com を6500万ドルで買収 )
 ( 8/25 Google Video、ボブ・ディランの未公開映像などを公開する特設サイトを設置 )
 ( 8/31 東京メトロポリタンテレビ、一部放送コンテンツを動画共有サイトに公開 )
9/12 Universal Music CEO ダグ・モリス氏、投資家カンファレンスで
   YouTubeとMySpaceを「著作権侵害者」と批判、「訴訟を計画か」と伝えられる
9/18 Warner Music、コンテンツ配信、オリジナル動画への楽曲使用を許可する提携を発表
 ( 10/3 Fox、SNSのMySpaceユーザへ向け番組配信を開始 )
10/9 Sony BMG、Universal Music、CBSの三社がオリジナル動画への楽曲・映像使用を許可する提携を発表


関連エントリー
■YouTube界隈の最近のまとめ(情報古いです)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。