群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーザー主導型の口コミ系サイトが増えてきて、CGMサイトがぞろぞろ増えたけど、それを逆手に利用した動きが出てきたようですね

http://d.hatena.ne.jp/ajiyoshi/20060922/p1

choixなるサービス(9/12のCNETのプレス記事)について調べてたら少々奇妙なものを見つけた。Yahoo!ブログ検索 - 「choix」の検索結果

* サービス紹介記事ばかりひっかかる
* 個人的使用感というよりはプレスリリースをもとに紹介する感じ
* 同一人物が書いたものではない風
* けど、似たようなコンテクストの記事ばかり
* 9/20あたりから突然記事が増えている(newsingあたりの「注目度」と比べても異様)
* でも↑のCNETの記事のようにプレスリリースは9/12

というわけで、これはブログに紹介エントリを書くと報酬がもらえるタイプのブログ広告なのかなという結論に達した(よくみると広告にカテゴライズしてるブログもある)。


新しいサービス等が広まるのに、近頃はSBM系やソーシャルニュース系のサイトの力が非常に影響するので、ネット上の検索や口コミサイトの上位に出るのがマーケティングとして有利

そこでこういう手段に出たらしい


http://www.pressblog.jp/mg/20060916cx/index.html

お金払うからブログとかでサイトの宣伝してよってことだ
原稿料はわずか150円

・150円/1ブログ(先着250名様+抽選250名様)

*内容の素晴しい記事を書いて頂いた5名の方には、謝礼を倍額お支払い致します。

期限
・2006年9月16日(土)~9月29日(金)



この金額でやる人がいるのかと思ったら、実際期間中にネット上で注目度が高くなっている。

こんな”捏造口コミ”てどーなんだろう?
使ってみたらホントにいいサービスでも、ちょっと考えちゃうね。つーかこんな方法がまかり通っていたら、増えてきた口コミ系サイトの信頼度も怪しくなってくる、直接そのサイトにお金握らせてランキングをあげるとか


似たような報酬ブログ広告系は以下

プレスブログ

ブログ広告.com

ブロカン

BloMotion

ブログ・ルポ


があるようです


現在のTVメディアが数字の操作とか、スポンサー企業の悪口は言わないってとの同じようなことがネットでも繰り返されるかも。

ネットマーケティングのひとつの手段かも知れないけど、かなりグレーゾーンな方法ですね
”口コミサイトはあてにならない”って方向になるか?


関連エントリー
流行ワード&クチコミ系検索サイトのまとめ


追記:
これも同じような感じかな、別人のふりして同じピーチジョンの宣伝記事が・・・あーあw
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20060929#1159538637

参考:
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061005_nikkei_trendy/

中略、
こういうクチコミ効果を狙うのはいいけれども、無理矢理、ブロガーのネットワークの力でどうにかしようというのは「無謀」だと言っていいでしょう。こういうマーケティング手法はベストセラーを狙うのであれば有効ですが、ロングセラーを狙う場合には不適です。ベストセラーと言ってもデイトレード並みの超短期ヒットなので、結果的には収益率は低くなります。特に海外ではこういうサクラ記事を売り物にする広告代理店やそういうプランを取り扱うサイトは忌み嫌われており、その理由として、日本と違ってブログ自体にジャーナリズムをある程度求める傾向が強いためです。つまり「金で魂を売り渡すな」というわけです。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。