群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ・映画業界が動画SNSのYouTubeを歓迎する不思議なお話
というのがありました

さて動画SNSのYouTubeに対する米国テレビ・映画業界の反応は、非常に面白いものがあります。若者がテレビを見なくなった状況を反映して、DIY型動画のSNS、YouTubeなどに広告費が一部シフトする流れを積極的に作り出そうとしているかのように見えます。


▼ テレビや映画はロングテールのヘッドの部分である。若者がヘッドを見捨てたのが問題だ。どうやってヘッドに若者を回帰させるのか?

▼ 動画SNSのYouTubeなどは所詮、ロングテールの尻尾の部分だ。そこにプロモーションビデオをどんどん流して、若者に面白いと思わせ、ヘッドであるテレビに回帰させよう。


マジでそうですね、既存メディア(TV局)が早くロングテールに気付かないとダメかもしれない、YouTubeにうpされている著作権の怪しい物を、自社で更に高解像度映像でUPしていくべきだし、スポンサーもそちらの倉庫に眠る過去の膨大な資産に出資するべきだ。

 テレビ、映画業界は良質のヘッドのコンテンツを押さえています。これを広告と共にどのように売るのかが課題です。若者のテレビ離れを食い止めるには、一旦、ロングテールに流れた若者をロングテール経由で回流させればよい訳ですね。


いつまでも現行のメディアであり続ければ、視聴率至上主義で潰れていくのは火を見るより明らか、つまらない番組垂れ流しより、いつでもどこでも好きな番組を見るのが一般的になるのは自然な流れだ。
ユビキタス時代になれば、車中や外で暇つぶしに動画を見るのは当たり前でしょうね。

既存メディアはスポーツやニュースの生放送に特化して、その他のコンテンツはネットに流すために製作する方が流れとして自然だと思う、もちろんCMをつけて無料で
スポンサーもヘッドの部分の視聴率に一喜一憂してる場合じゃなく、過去のコンテンツに絶え間なくCMをつければいい

すでにNHKが過去のアーカイブをネット配信する意向であると言う
膨大な量のコンテンツがいつでもネットで好きな時間に見れるなら、現在放送中のものよりそちらに集中しそうなのはYouTubeの結果を見ればロングテールのしっぽの部分が占めているのがわかる

ネットに公開した番組は、アフリエイトとして数々のブログとかで紹介してもらえば更にいいんじゃないの?
今だってバンバンYouTubeの面白動画紹介されてるし、アフリエイトに積極的なブログならどんどん番組を取り上げるはず(^^;

パイロットフィルムを作ってブログのクチコミで広めて続編を映画で公開と言う風にロングテールのヘッドの部分に還流させることもできるし、新番組のプロモーションにもなる

フジテレビ、「YouTube」的な動画投稿サイトに参入
フジテレビが先陣切って民放ではやるようだけど、投稿動画だけじゃなくて、自社コンテンツを過去の放送ライブラリからネットに流すべきだと思うのだ、それが最終的にヘッドの部分への循環に繋がるんではないかいな?
テレビ2.0だw


日テレも第2日本テレビやってるけど、あれはそもそも有料だからダメ!


ロングテールって何?って人はこちら

■ネット世界で利益を稼ぐ「ロングテール現象」とは何か

まさに「塵も積もれば山」

■広告メディアにはまだ早い?-「YouTube」の魅力と危うさ
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。