群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12日で終了しましたジュネーブショーですが、今年は今ひとつな感じでした、ワールドプレミアと言っても既に知られている車ばかりだったり、老舗カロッツェリアからも驚愕のデザインスタディとかの演出も無し、昨年はピニンファリーナの75周年記念と言うことでBirdcageみたいにshowのスターがいたりしたのですが、今年は全体的に小粒ですね、徐々にメインイベントがフランクフルトショーに移っているのかも知れません、ドイツが主役の欧州メーカーに他の日本も含んだメーカーも力を入れてくるのでしょう そうは言ってもそれなりに気になるDesignの車もちらほらあるので、まとめと言うことで(^^;
sbarro Alfa romeo Diva

PICT0156b.jpgPICT0158~6.jpgPICT0159~7.jpg
PICT0160~5.jpgPICT0161~8.jpg

今年一番気になったのはこちらにも書いた”Diva”です。
Design的には新しい提案があるわけでもなく、写真だけ見れば70年代のショーと言っても違和感が無いですが(実際当時はもっと進んだデザインだらけw)なんと言ってもどう見ても歴代のAlfaのDesignDNAが随所に見られるところが歴史を感じられていいです、特に最近のモデルに好感を持てない僕はこちらの方が魅力的(^^;


Alfaromeo Spider

4f1ta.jpg 今回のスターの一台であるSpiderですが、もっとも気になったのはこのリアの造型です。とても複雑な曲面をいとも簡単に作っている凹面と凸面の連続が見事です。流石ピニンファリーナ、ジュジャーロのBreraよりリアデザインに関しては遥かに良い!堂々と自社生産できます(^^;
勿体無いなー別の車でこうなればなぁ

109.jpg116.jpg 一番良く見える眺めかな?トランクの両脇の盛り上がりとかドアから後ろがセクシーw

alfa_spider_new_cabrio_of_the_year_2006-02s.jpgalfa-romeo-spider-2big.jpgansa76890190103155701_big.jpg

エンリコ・フミアDesignの現行Spider(GTV)が希少価値が上がりそうな気がします


Fiolavanti Sensiva

sensiva2.jpgDSC_0374_4405dd4098498.jpg

今回初めて見たピニンぽいなぁと思ったら、元ピニンのFiolavantiの作品でした、やっぱいいなと思ったらそれなりの人の作品なんですね(^^;
曲面とか流石だなぁと この人の作品は古くならないですね、シンプルだからかな?


Lamborghini miura(1966)

miura_1967.jpgd060304-1.jpg

ちょっと反則ですが、ベルトーネのブースに展示してあったオリジナルのMiuraです(^^; 生誕40周年なんだそうです、40年前のDesignですよ! まったく古く無いし、先日発表されたMiura Conceptより洗練されてると思う。
芸術の域に入ってますね


こんなところかな後は

Bertone17275.jpgBertone17271.jpg
ベルトーネのpuntoを使ったDesignスタディ

20060313224938.jpg20060313224950.jpg
LanciaをテーマにしたIEA(デザイン学校)の作品

dsc_0004___illustration.jpg特別展示のピニンファリーナAudi○○(名前忘れた)


こんなもんですね、ちょっと物足りなかったなぁ
サプライズも無く小粒作品ばかりと言った印象なわけで

密かにランボからSEATに移ったルーク氏の新生SEATがどうなるか気になっているところです、現在デシルバ路線のSEATが欧州で絶好調らしいので、フランクフルトあたりに出るかな
後はAlfa149が早く見たいわけでw

それが今年の春の出来事でした
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。