群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sbarro-concept-alpharomeo_32_illustration.jpg


突如出てきた謎のアルファです。詳細はまったくわかりません!
以下訳して想像してください(^^;

Special Bodywork - First World Presentations SBARRO Concept Alfa Romeo

Concept Alfa Romeo: historic reference
As usual, the creations of Franco Sbarro and his Espera school are only ready just in time for the opening of the Motor Show. So they are announced via sketches, this time of a very sporty mid-engined coupé "interpreting Alfa's glorious history"!


Special Bodyworkって事なのでデザインスタディでしょうね
SBARROってスイスにそんな名前のコーチビルダー(カロッツェリア?)があったような気がします。
でもミッドシップアルファなんて超久しぶり!

ちょっとしたサプライズでした(^^;
早く実物の写真が見たい~

情報入ったらまた追加します~

追記:
機械翻訳による詳細

Espera Sbarro自動車デザイン学校は、ちょうど今来週ジュネーブモーターショーで公開されるアルファロメオブランドのために設計される根本的なコンセプトカーに関する詳細を公表しました。コンセプトカーは「アルファの素晴らしい歴史を解釈する」テーマに基づいて、完全に操作上のプロトタイプとして評判が高いショーで示されます。


ミッドエンジンスポーツクーペとして設計されて、Sbarroショー車にアルファロメオの自身のCentro Stile. Includedから出てくる何でも前部スポイラーへの面白いアプローチであるより、コンセプトカーははるかに極端です。そして、鼻全体に置かれて、従来のアルファロメオ『scudetto』格子だけで壊れている翼を取り入れます。鼻部は、前部ブレーキ(各々のフェンダーの底に形作られるスポイラーと同様に)を冷やすために、大きな個々のスクープも特徴とします。


コンセプトカーは、ガルウイングドアも取り入れます、上から見られるとき、全くガラスで製作されることがHパターンを提供するために中心光線だけによって分かれた一番上のセクション。

気前のよい後部の採用者(フェラーリエンツォのそれらへの形の点で同様の)はまだ発表されてない動力単位に空気を供給します、しかし、V6が大きな位置を占めることはありそうです。典型的やり方では、コンセプトカーはモーターショーに間に合ってちょうど完了されます、そして、これまで、スケッチだけは公式に発売されました。



若干変な表現ですが、なんとなく意味はわかりますね(^^;
Tipo33をベースにしたプロトタイプ以来のミッドシップAlfaですね、楽しみ楽しみw

ジュネーブショー06:sbarro Alfaromeo Diva
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。