群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり先週の話ですがw
あの!市川崑の傑作『犬神家の一族』がなんと30年ぶりにリメイクされるらしい、しかも金田一耕助役は同じ石坂浩二(64)っておい!何歳の金田一何だよw

確か市川崑監督で作った横溝映画は5作くらいだったはず、その中でも傑作中の傑作であるこの作品。初代?のあまりにも完成された世界観と当時の飄々とした石坂金田一耕助の演技、そしてこれまた語り草のカットバックを多用したスピーディな演出、

特に白眉はやっぱあの演出だよね、エヴァもパクッた極太明朝体を使ったタイトルバックとか映像がパッパと変わるカットバック、合間に違う映像が挟まれ台詞が映像とずれていくスピード感とか、それらが渾然一体となって当時の空気感に重なり日本映画史上に残る作品になったわけだが

確か角川映画の第一弾だったっけ?
当時の角川春樹マーケティング方法をメディアミックスとか言って今の映画マーケティングの基礎になったんだよね。

監督ももう90の高齢だから最後の作品にまた撮り直しって事で有終の美なのかなぁ?TVで片岡鶴太郎とか稲垣メンバーの金田一で犬神家の一族を放送したけど、どれも市川版には到底敵わないものだった。

”おめーらなっちゃいねーよ!金田一はこうだ!”
と監督が溜まりかねメガホンを取ったとか言う流れだったら面白ねw

でもリメイク物が前作を越えることはほぼありえないのに、時代設定とか同じなら何故今同じ石坂浩二(しかも老けた)金田一で作り直すのか?下駄履いて走ったりできるの?

どうせなら今金田一をやって欲しいのはオダギリジョーだ
普通にボサボサ頭で飄々した感じがそのままだと思うんだけど(^^;

とか言いつつ非常に楽しみでやんす。
『よしわかった!』の台詞でおなじみの警部さんとかも出るのかなw

多分現在作られる横溝映画がダメなのは推理物にしちゃうからダメなんだよ。横溝の本質は旧家とかそういう舞台設定をした男女の愛想劇なんだから、金田一耕助はいわばストーリーテラー役、探偵の形をしたナレーターで良いんだ。

あ!だから石坂浩二なのか!!


スケキヨ役をナイナイ岡村がやりたがっている模様w
珠代役が熊田曜子だったら笑える
つーか絶対ありえないけど!

金田一耕助 配役比較~歴代の金田一耕助と警部さんたち!
横溝World~横溝正史先生の世界へ!

そいえば大槻ケンヂのユニットUGS(アンダーグラウンドサーチライ)で『スケキヨ』『アオヌマシズマ』ってアルバムがありましたw
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。