群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジュネーブモーターショー05】アルファロメオ ブレラ公開
【ジュネーブモーターショー05】アルファロメオ ブレラ…静かな力強さ
1109746955_dsc_0153_smalls.jpg
いよいよ3月のジュネーブショーを前にアルファロメオ・ブレラの
生産型photoが発表されました。これがプロトタイプを忠実に再現しています
お見事!プロトタイプとの相違点はガルウイングじゃない事(おしいけど)
ボンネットの境目のライン(一般的なフェンダーのライン上)
ドアミラー、サイドマーカー、サイドウインドウの部分くらい
20050202060819s.jpg
参考:ブレラコンセプト


寸法比較:
全長4414mm×全幅1830mm×全高1372mm:生産型
全長4388mm×全幅1894mm×全高1289mm:プロトタイプ

若干長く、狭く、高くはなって残念なのが、ディメンションが変わっているせいで、
プロポーションがちょっとずんぐりむっくりに見えること、(勿体無い・・
あと滑らかなイメージだったのが生産型はかなりエッジが利いている点

でも期待通りに出てきた感じです(^^;
ただ現行のラインナップが殆どブレラ顔になっているため、
もうこの顔自体新鮮味が無いです。やはりブレラのために取っておくべきだった(>_<)

前CEOのダニエル・バンディエラの方針により、ブレラの顔がファミリーフェイスに
成ってしまったわけですが、この事が原因かどうか、
明らかにアルファは販売台数が落ちて、社長交代劇につながりました。
アルファはそんな事しなくても、各車が個性のあるモデルだったのに、
今更ファミリーフェイス導入は意味がありません、元々”盾”という物があったのに

チェントロ・スティーレの方針は盾が無くてもアルファに見えるのがアルファロメオの
デザイン言語の筈でした。今は逆に盾に頼って、盾を取ると平凡な車に見えます。
どれもこれもGM絡みのアメリカ再進出のためなのでしょうか・・


(†|ξ)参考URL
http://response.jp/issue/2002/0307/article15512_1.html

『ブレラ』はミラノの中心街にある美術学校の名前であり、ギャラリーが集中するストリートの名前であり、学生や教授が顔を合わせる場所だ。つまりはもっともミラノらしい場所なのだ。いっぽう“ミラノのクルマ”といえばアルファロメオである

http://www.auto-web.co.jp/NEW_CAR/ALFA_BRERA/
追記:3/2
アルファロメオブースphoto ブレラ&159
Alfaromeo Brera 欲しいようなそうでもないような
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

お邪魔します
アルファの衰退は言ってみれば、
今までイタリアを信じてたイタリア人が、
現実に気が付いてしまったことに端を発します。
身近な話で言えば、
親友のイタリア人(シチリア出身)は
「以前は夢の車はアルファ・スパイダーだった」と過去形で話します,しかも4年前・・・。
で、彼の愛車はメルセデスです。

つまり、日本における、
マークⅡ離れに近い現象がイタリアで起こってるわけです。

以前の日本や韓国のような、
自動車保護政策により、
イタリアの自動車産業は権威を保ってきました。
しかし、他国と違ったのはそこにあぐらをかいて,何も発展を遂げなかった、
最悪なトップダウン。

今や当たり前の技術、
コモンレール・エンジン。

実はこの発想は、
マグネット・マレッリの技術者によるものでした。
しかし、先行投資を拒んだ同社は、
タダ同然でボッシュに油揚げをさらわれるのを眺めているだけでした。

今だイタリアの一部の天才は、
何かをしています。

例えば、人殺しの話で恐縮ですが、
ベレッタ92F(ピストル)
なぜ、山の様にあるアメリカのメーカーを、
蹴散らしたのか?
ヘリコプターで言えば、
最近アメリカ大統領専用機の入札で、
MVアグスタが勝ったとニュースで聞きました。
何故?アメリカのお家芸、
軍需でイタリア2勝?

ともかく、
ランチアの復権きぼんぬ
Mt.blue | URL | 2005/02/05/Sat 06:45 [EDIT]
アルファをめぐる冒険
>Mt.blueさん
コメントありがとうございます(^^;
アルファの行く末が気になります。
親会社のFIATもGMとの提携問題かなりヤバ目な状況、FIAT共々崩壊なんてことになったら・・
最悪ブレラだって販売中止の可能性も!?

確かに母国イタリアでさえアルファを見かけるのは日本と同じ状況だそうで、イタリア人にすれば欲しいのはドイツ車、あとtoyota!
品質においてはもはや韓国にも抜かれ、デザインもカロッツェリアの衰退が感じられます。イタリア車としてのアドバンテージはもう無くなりつつありますね

願わくば『ジュリア』をビートルやMINIのように再現して、世界に愛されるブランドとして復権して欲しい物です。

現CEOはMINIを蘇らせた人物らしいので、そういう方向に密かに期待をしています(^^;
GM以外で救ってくれるパトロンは現れないですかねぇ・・

イタリア自動車業界のルネッサンスをきぼんぬ
motte* | URL | 2005/02/05/Sat 09:26 [EDIT]
おお!判りやすい!比較が!

☆気になってググってたら…
プロトブレーラのきゅっと引き締まったデザイン(だけ)が好きで
すが生産型が発表と聞いて写真を見ると見た目ブレーラなのにど
こかプロトブレーラのキュっと引き締まった感じがせずイマイチ
胴長なイメージで、ただにでっかいハッチバックにしか見えなか
ったのですがこの数字の比較とウィンドウグラフィックのドア後
部の窓で

『後席重視でキャビン後部を伸ばした』

事がしっかり確認できてすっきりできました^^;。これでブレーラ
はポイ決定です。折角FFの安いのでギリギリ飼えるとと喜んだのに
ヌカ喜びに終りそうです…orz
ブレーラ気になってた人 | URL | 2005/03/11/Fri 14:03 [EDIT]
まだ早いですよ(^^
コメントどうもです(^^;
飼えるなんて羨ましい・・
実物を見てからでも遅くないですよ、確かに2ドアハッチバックに見えますが、実物はもっといいと思います。アルファは肉眼で確認してみた方が綺麗、五感にうったえるデザインなんでしょうね
それにしても多少の寸法の違いでこうも印象が違うんですね~
まさにデザインの神は細部に宿るって感じです。
motte | URL | 2005/03/11/Fri 23:17 [EDIT]

© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。