群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は20年目の節目という事もあって、各局特番を組んだりしていたみたいだけど、
こんなニュースを読むと、相変わらずマスコミというのは、面の皮の厚い奴らが
業界づらしてふんぞり返っている世界のようだ。

マスコミが信頼されないワケ、御巣鷹山の事故追悼現場で

 御巣鷹の登山口には、我がもの顔でハイヤーを待たせる、多数のマスコミ記者のごう慢が存在した。他方、そのおかげで、数多くのお年寄りの遺族が、1キロ以上も余計に山道を登らねばならなかったという理不尽が存在した。
マスコミは日航や国に対して、お年寄りの遺族のために、より良い登山道を整備せよ、などとの論調を掲げたが、他人を批判する前に我が身を省みなければならない。


たまにはライブドアPJニュースもまともな事書くなぁと思った。
年に一回の慰霊の日に、遠くからやってくる遺族の人々も、もうかなりの高齢だ、それに登山口まではかなり歩くので、出来る限り近くまでいけるように、道路が作ってある。それを、殆どマスコミの取材人の車で陣取り、肝心の遺族が、長い距離を徒歩で歩かなければならないなんて本末転倒だ。
それでいて、ニュース等では、”風化させてはいけません”なんてしらじらしい事を言ってのけて、まったく偽善ぶりを発揮、実態はそんなもん、マスコミにとってはタダの飯の種なのだ。

この20年、事故の日が迫ると、3年に一度くらい思いついたように、特番を組んで、ちょろっと再現フィルムや当時の証言やら、事故原因の検証やら、2時間程度の番組でとりあえず義務を果たし自己満足しているようなもんだ。
あとは視聴率がとれればOK(それがほぼ目的)

マスコミにとっては事故は点にしか過ぎない、
けど遺族や関係者にとっては20年前からずっと続いている線だ。

僕の親戚は当時群馬県警で、捜索に参加したそうだが、とにかく酷い現場で、夏の暑さで腐敗が進み、強烈な異臭が服にも染み付き洗っても落ちなかったという、臭いは脳裏に焼きつき、事故の日が近づくと臭いの記憶が蘇ってくるのだそうだ。

上野村の出身の友達がいるので、大学の時はよく夏に、バーベキュー等をしに行ったりして、その時初めて意外と道路が整備されたことに気付く、麓の村より群馬奥地なのに、非常に広い道路なのだ

理由を聞いてみると皮肉な事に、それまで殆ど整備されていなかったのに、事故の遺族らが訪問しやすいように助成金やらで、見違えるように道路が舗装化されたそうだ、村の殆どの人々は林業に携わるらしいが、事故の後、合同葬儀等は現場の上野村の人々の手で行われた、国やJALはその費用もちょっと手伝っただけで、村長を中心に実際の準備や資金繰りは上野村の人がやっているのだ。

いつ遺族の方が訪れてもいいように、村の職員の人を中心に、常に慰霊の園等は掃除がされている、遠方から来る人のための簡易宿泊施設も管理したり、この20年ずっとだ、被害者の遺族同様、上野村の人は20年間日航機事故に関わっている。

そうやって20年過ごしてきた人達を本当にマスコミはわかっているのか?
世間に伝えているのか?
取材した気になっているだけじゃないの?

空の安全を誓わなければいけない8・12その当日、またJAL機の事故が起きた。
修理点検等の不行き届きは相変わらずだが、その肝心なところを中国の業者に委託しているのをマスコミは知っているの?

事故原因ついては、問題の垂直尾翼がまだ相模湾に眠っている、どうしてそれを引き上げて、実際の検証を行わないのか
その自衛隊が絡んでいるという噂の墜落原因に20年の間、国の暗部に全然切り込めない腰抜けマスコミにジャーナリズムは(以下略

結局マスコミは今後もまた、同じような内容の特番を5年後くらいにまたやって、
風化させてはいけません、なんて綺麗ごとを言うのだろう


事故機に乗っていて亡くなった坂本九さんの『上を向いて歩こう』がイギリスで今年話題になり、発売が決定したそうです
なんとも言えない偶然だった。


■JAL123便墜落事故

■日航123便御巣鷹山墜落事故

■日航機墜落事故 東京-大阪123便
新聞見出しに見る20年間の記録


■JAL123(ボイスレコーダーFlash)

■ 日航機事故 新たな疑惑浮上!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

事故から10年以上たってから、
父の友人から、
家の父が123便を急の会議でキャンセルした話を聞きました。
つまり、
何方かが父の代わりに命を失った訳です。

そんな、御他人様の犠牲の上にある立場にいる私ですら、
明確な日にちは覚えていませんでした。

マスコミなんて察して知る所ですね、そりゃ。
mtblue | URL | 2005/08/19/Fri 01:42 [EDIT]
>mtblueさん

あ、お久です~(^^;
>家の父が123便を急の会議でキャンセルした話を聞きました。

物凄い運の分かれ目じゃないですか!良かったですね
確かに代わりに乗った人もいたわけですが

坂本九も誰かの講演のピンチヒッターを頼まれて渋々乗ったそうです
頼んだ人も悔やみきれないでしょう

マスコミもね時期が来ると適当に遺族のインタビューとったりね
泣かせる再現ドラマにしたりね、同じような番組でお茶を濁してね
あざとい所や姿勢がなんとも・・

motte* | URL | 2005/08/20/Sat 00:10 [EDIT]

© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。