群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始めに言っときますが、別に中国人が嫌いだとかいうわけではありません
良い人も悪い人もいます。中華料理も大好きですバーミヤンは良く行きますw
何が正しいのか、それちょっとどーなのよ?って事です。

早稲田大学法学部教授、水島朝穂氏のHPより
緊急直言 胡錦濤主席の早大訪問歓迎せず

一般に、外国の賓客が来学し、講演を行うときは、事前に教職員に対して参加を募る案内が届く。
限られた範囲の人々を集めるような講演会でも、関連科目の担当教員には招待状が来る。
学生の参加を募ることもある。しかし、今回は、講演会があることすら伏せられ、
前日になっても公式ホームページに情報提供は一切ない。

(中略)

大隈講堂に入れる早大生は、1998年11月の江沢民主席来学時のような、一般公募の学生たち
(その個人情報の扱いをめぐって訴訟にまで発展したところの)ではなく、
40人前後の「身元の確かな」中国留学経験者だけである。彼らには、
事前に「政治的な質問はしないように」という趣旨のことが伝えられたようである。

そして、明日、大隈講堂の一階前よりの座席を埋め尽くすのは、
胡錦濤主席と一緒に来日した中国共産主義青年団の精鋭200人とみられている。
昨日、軽井沢で静養した彼らは、元気いっぱいで「警護任務」につく。
胡錦濤氏はこの青年団の出身で、1984年にその第一書記(最高指導者)に登りつめた人物である。
中国共産党のエリート養成機関であり、まさに彼らは胡錦濤氏の「親衛隊」といってよいだろう。
この親衛隊があたかも学生の聴衆のように拍手を送る。

明日の夕方のニュース映像には、早大生が拍手しているように映るのだろうが、中国製の「サクラ」である。
このように、 早大の教職員も学生もあずかり知らないところで、
「早稲田大学は、胡錦濤主席を歓迎する」という行事がとりおこなわれる。これは相当な疑問符である。


えーNHKではバッチリ早大生風な人が拍手喝采で講演を聞いているようでした、パッと見北朝鮮の党大会の映像のように見えたのは気のせいでしょうか・・

この映像中国では生放送で中継されました。もちろん講堂の外の騒動は完全無視でw
一般の中国人には日本に歓迎を受けてる報道しかされないんでしょうね

上海あたりではリニアモーターカー公害問題で表現の自由が無い国でデモらしきものが起きてきているので、国内の統率も結構綻び始めているみたいだし、バブルが弾けたら暴動がいつ起こるかわからない

国内に威厳を見せ付ける目的もあるんだろう。
なんか北朝鮮ぽいプロパガンダだな

livedoor ニュース - 早大・大隈講堂前でチベット支持派を排除=中国・胡錦涛主席「閣下」の講演会で

 ある学生は「講演会に早稲田の学生がなぜ40人しか入れないのですか、中国関係者はなぜ200人も入れるのですか、大隈講堂はそんなに狭いのですか」と大学側に訴えていた。

 ある早大関係者は「講演会があるなど、教員・職員や学生に告知されていなかった。なんのために早稲田でやるのか。警察と職員が一体となって学生を排除するなど、早稲田の反骨精神が死んだも同然だ」と嘆いていた。

【続きを読む】
スポンサーサイト
© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。