群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の年末あたりから人気急上昇中の動画共有サイト『YouTube』が最近面白くってしょうがありません。

YouTubeは簡単に言うと写真共有サイト『Flicker』の動画版です。(もちろん無料)
Flickerは他人の写真(センスのいい人は別だが)を見たところで対して面白くも無いのであまり興味がわかなかったけど、YouTubeはちょっとした映像ライブラリというかデータベースみたいなところがあって、ちょっと検索するとアレヨアレヨと美味しい映像が出まくりんぐなわけですよ(^^;

とりあえず(音量に注意!)
■今は亡きホリエモン Livedoor Auto CM
■Zazenboys PV集
■オザケン貴重映像集(いいとも出演とかw)
■ダンス甲子園メロりんQ爆笑山本太郎
■車好き必見!オリジナル Lamborghini Miura 試乗レポート

それぞれの動画にはタグ付けがされているから同じアーティストのPVやら同ジャンルのライブ映像とかわんさか出てくるよ、テレビなんか見るよりよっぽど面白いw

サブタイトルに”Broadcast yourself. Watch and share your videos worldwide!”とあるので、個人放送局みたいな感じで捉えてもいいみたいですね。手持ちのmpegファイルとかをうpして個人ライブラリとして使うのが本筋か?容量は無制限なのかちとわからん

Googleがありとあらゆるサービスで圧倒的に強いのに、Google Videoも敵わない、この動画検索サイトだけはYouTubeの圧勝です!

凄いぞYouTube!
ただ非常に著作権的にグレーゾーンなこのサイトいつ閉鎖するかも知れない恐怖が襲う。
せっかく見たいのが消えた!ってことにならないように、ちゃんと保存方法まであるのが凄いですね

まとめサイト
You Tubeのストリーミング動画の保存法

YouTubeの動画を落とすよ
Download videos from Youtube, Google Video and iFilm

このYouTubeはSNSでもあるので同じ映像を選んだりしてる人のFavarite一覧を覗いたりするとまた新しい発見があったりして興味が尽きないです。すべての映像をタグ付けしたりするあたりがWeb 2.0的な使い心地で、そのうちYouTubeの機能とその他をRimix(最近ではマッシュアップと言うんですか?)した別のwebサービスも現れるかも知れません。

あるアーティストの動画を選んだら、関連商品もAmazon Webサービスを利用して、一覧で出てくるサイトとかすぐ出てきそうです。

同じような動画共有サイトもまだまだ出てきそうですね
はてなmovieとか、はてな辺りがまたw

そう気を付けなければならないのは保存したファイルはフラッシュビデオ(FLV)になるのでFLVプレーヤーが無いとローカルで見れないのでした。FLV Playersで色々あります。

これがお手軽でいいかも

Wimpy Standalone FLV Player (FREE)
martijndevisser.com: FLV Player updated

これから携帯とかでも動画が見れるけど、これも見れるのかな?iPodでDLした動画が見れたりしたら、今後爆発的に普及しそうですね


しばらくYouTube追っかけます(^^;


世界のナリタ兄妹
スポンサーサイト
6060123.001.Mini2L.jpg6060123.001.Mini3L.jpg6060123.001.Mini4L.jpg

6060123.001.Mini6L.jpg6060123.001.Mini16L.jpg

Audi TTのスパイショットパッと見impression
3月のジュネーブショーでお披露目されるのかな?新型TTの予想図どおりのデザインですねw
多少カモフラージュされてるけど、ほぼこのデザインのままでしょうね。現行モデルのイメージは大分残ってますね、良く言えば洗練度が増したかな。でも特徴と言うかアクが無くなったかも(^^;

Audiデザインの特徴的なシングルグリルが何故か元にもどって前A4みたいなフロントグリルになってますが、これはダミーかも知れません。(つーか絶対カモフラージュに違いない!)

サイドの眺めを見ると前TTの水平基調で前後のオーバーハングが同じようにラインが落ちていく、90年代の自動車デザインに革命を起こしたと言われるほどの革新的スタイルでは無く、普通な感じのクーペっぽくなりました。でも緩やかなアーチを描くルーフラインとか継承してますね、フロントオーバーハングが長くなったのは、ヨーロッパの安全基準が変更になったのでココ最近のモデル同様仕方ないのかも(プジョー407はやりすぎだと思うけど)

Cピラーの処理が普通すぎと言うか中途半端でつまらないデザインにしているのだと思う。
まー実車を見ないとなんとも言えませんが(^^;

ライバル?と思われるAlfa Breraとどっちが良いかと言われたら今回はBreraかな。最近ちょっとカッコイイかなって思ってきたw
でも色は黒限定(^^;
http://www.tanteifile.com/diary/2005/12/31_02/

12/25日 ライブドアの株主総会が行われたのは御存知の通りだと思いますが、同日夜、その会場となった高輪プリンスホテルではライブドア社員約500人が参加しての忘年会が催されました。

株主総会では「2円の配当」要求を涙で突っぱねたホリエモンではありますが、勢いにのった今年を象徴するように忘年会では社員にご褒美を連発!10万~50万ものボーナスがポンポン飛ぶ姿は、日本は本当に不況なのか?と思わせてくれます。


リンク先のページを見て動画をダウンロードして見て下さい・
昨日のニュースステーションでやっていたのとはちょっと違うけど、真面目にこの会社どっかの宗教団体とかスーフリと一緒ですね
投資家から巻き上げた金で好き勝手し放題とゆーか、株主にはびた一文も配当を与えないくせに、ビール一気飲みした社員に数十万の金をポンポン与えているとかいう話。
社員は信者ですか?w

普通の会社でも忘年会だから派手にやるだろうけど、ライブドアちょっと見てて怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

世界一目指すぞーっ!って修行するぞー!
とほぼ同意語かも(^^;

ホリエモンはスーフリの和田とか怪しい宗教団体の教祖に近いねw

追記:
ホリエモンの卒論(卒業してないけど)のテーマは『新興宗教』だったそうな・・
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
毎年この次期になると風邪かインフルエンザに掛かってますが、案の定先週末からインフルエンザで寝込む事に(^^;

昨日あたりから起き出したら、株価大暴落じゃありませんか!!
げげっ!バブル崩壊!?かと思ったら、ホリエモンが何やらやらかしちゃったみたいですねw

堀江の拳
http://zaraba.livedoor.biz/flash/horienoken.html

ちょっと調べて見たら、去年辺りから捜査の手が入ってたんですね、ちょうど球界再編のバッファローズ買収問題あたりから、へーと思ったら結局会社が順調でうまくいってるのを証明するために株価操作やら粉飾決算やら色々手を出しちゃったみたいね、球団が欲しいばっかりにやったことが、自分で自分の首を絞める羽目になるとはねぇ

前々から言っているけどライブドア自体はIT企業とは言えない、話題を作って自転車操業で株価を吊り上げて買収した子会社を上場させたりしてその利益で時価総額を上げていくという殆ど実態のない会社。

常に株価を上げ続けなければならないから常にホリエモンは話題を提供しなければならなかったわけだ。株ブームを起こして個人投資家がライブドア株を買い捲って、株価上昇してバブルにも一役買っていたけど、自滅しちゃったね(^^;

東京地検が一斉捜査に踏み切ったのが月曜午後、次の日は朝から狼狽した投資家達が一斉に売り注文を出して、ライブドア関連株が大暴落した、連想でIT関連も大暴落。でも17日の午前中でパニックは収まったはずだった。

ホントのこのパニックの原因はマネックス証券だ、よりによって騒ぎが収まりかけていた午後になって、ライブドア関連株の担保価値を無価値にしてしまったのだ

信用取引でライブドアの株を担保にして、他の銘柄を買っていた投資家がその発表にパニックを起こして、保有株を売りまくった、そのおかげで東証システムの取引数が限界を超えそうになったので異例の全銘柄取引停止の事態となった。18日の株式市場大暴落(ライブドアショック)のホントの原因はマネックス証券のアホな発表のせいだ

この事実を伝えていないマスコミはホントにダメだなと思う。
どこを見てもライブドアが原因で全面安とか報道してるけど、実際の狼狽売りは17日の午前中で終わってたのに、マネックス証券の報道がトリガーになって一気に全銘柄の投げ売りが始まったのだ、もっとマスコミは正しい報道をしろっつーの!
ホリエモンばっか扱って取材力無さ杉!

許されざるマネックス証券

証券会社は顧客が株式を買うときも、そして、売るときも手数料が入ります。こういう狼狽売りの時ももちろん手数料が入るのです。したがって、マネックス証券は、勝手にさっさとライブドア株式の担保価値をゼロにし、自らの主要顧客である個人投資家を翻弄させ、狼狽売り状態にし、個人投資家の資産価値を下落させ、一方で、自らは売り注文からの手数料で儲けています。

これは許せません!!


まともにこの事を伝えたのは経済に強いテレ東のみWBSが正しい
これからもライブドアの裏が暴かれるとは思うけど、ただの一企業が証券取引法違反しただけなのに、マスコミ煽り過ぎだよ
それより例の耐震偽造問題と政治の癒着とかを暴けってんだ!


それにしてもこの騒動ってホントにオウム真理教事件と似てますね
ホリエモン(教祖)は何も知らない、やったのは幹部、で肝心のキーマンは自殺(他殺?)((;゚Д゚)ガクガクブルブル
広報の乙部さんは上祐氏ってことか・・

明日以降もライブドア関連株は下がるでしょうね。上場廃止はほぼ決定的かな、そうすると逆にライブドアを買収する企業も出てくるかな?皮肉な物です

ピーチジョンの女社長に愚痴るホリエモン
小沢健二、4年ぶりのニュー・アルバムを発表

小沢健二がニュー・アルバムを3月8日にリリースする。タイトル等詳細未定。オリジナル・アルバムとしては前作『Eclectic』以来4年ぶりとなる本作は、全8曲収録予定で、なんと全曲ヴォーカルレスの作品とのこと。音のみの表現で、小沢健二がどんな世界を見せてくれるのか? 期待が高まります。


オザケンです!すっかり隠居生活だと思ってたらいきなり発表
前作『刹那』はベストみたいなもんだからオリジナルアルバムとしては『Eclectic』から4年ぶりってことらしい。

で、ボーカルレス?はぁ??
楽曲と言うよりこの人の魅力は歌詞の方だと思うけど、どうなんでしょう・・・ポエトリーリーディングでも無いのかな・・・東芝EMIとの契約もあるからそろそろ何か出さないと、でも歌えないのでインストって事?

活動してただけでも奇跡って事か、そうとうやばいって話も聞いたこともあるし、盟友だった スカパラの青木さんの死とか『Eclectic』のジャケットなんて思いっきり病んでるもんな。そう言う心理状態の時の方が作品として尋常じゃない物が出来る時もあるけど今回はどうだろう。
生JAZZとエレクトロニカっぽい音だったらいいかもしれないなぁ、
才能が枯渇してそうな気もするが(^^;

今のポジションで言うと森山直太郎あたりがオザケンのいた場所だったんだろうね

今知ってる人とかいるんだろうか?LIFEが売れに売れまくった時がピークで『球体の奏でる音楽』を出したあたりからあれ?って感じで表舞台からフェードアウトしていった。今ブックオフとかで250円で小沢作品並べられてるし、終わっちゃったなぁ、いいとものテレフォンショッキングで次の人が鶴田真由だったんだけど思い切り彼氏面の会話で爆笑したw
オザケン絶好調の頃ですね

月9の西遊記のインストでもやれば良かったのにね、深っちゃん繋がりでw

後期の作品はあまり聞いてないけど『流れ星ビバップ』は良い曲だった、Flippersの曲はいまだに僕は現役で聴きまくってるけど、オザケンのCDを聞き返す事は無くなったな久しぶりに聞いてみよう。

小山田は相変わらずRimixやプロデュースが順調だしコーネリアスも良い作品を出してる、なぜかYMO周辺と交流が増えて、坂本龍一のバンドでギターを弾いたり、スケッチショウのliveに出たりと活動の幅も広がってると言うのにね

新作がもし評判良くって”オッケーよ”なんてことになったら
もしかしてもしかして渋谷系復活なんて兆しが・・

小山田の曲と小沢の歌詞でミラクルな核反応を起こしたFlipper時代がもう一度こないだろうか、再結成しないかな~
無理なんだろうな~(^^;

Life is comin'back!
4a.jpg

lamborghini_muira_concept_104.jpglamborghini_muira_concept_103.jpglamborghini_muira_concept_101.jpg
0602_lamborghini_miura_001_900.jpg0602_miura_ss_01_900.jpg0602_miura_ss_02_900.jpg
0602_miura_ss_03_900.jpg0602_miura_ss_04_900.jpg0602_miura_ss_06_900.jpg



2006年も残すところあと360日となりました!
てベタな挨拶からどうも(^^;
そんなこんなで?あけおめことよろ~って今年も好き勝手に興味の赴くまま行きますんで、どぞ宜しくw

で新年いきなり車好きにはたまらんビックニュースが飛び込んで来ました!
そろそろ始まるデトロイトショーでなんと、元祖スーパーカーと言うか、走る宝石箱やぁ~~って彦麻呂が言いそうなLamborghini Miura が復活するって話!

前から噂はあったけど、こんなに早くお目見えするとは(@_@)
しかもDesignはデ・シルバ先生ですよ。
Audiグループの統括Designディレクター兼ランボのチーフに人事が変わり、初めて手がけたランボがいきなり、伝説のビッグネーム”Miura”だとは!!

前のランボのチーフデザイナーだったルーク・ドンカーヴォルケ氏は、同じAudiグループ内のSEATのチーフに異動、と言う事は今後SEATとランボの taste が入れ替わるのか?

改めて写真を見ると、間違い無くMiuraです、逆にオリジナルをリファインしただけとも言えます、下手にイメージを変える事を嫌ったのか、オリジナルを越えられない事がわかっているのか、ココ最近の往年の名車の復活パターンと一緒です
【続きを読む】
© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。