群馬の片隅でこっそり&まったり運営中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくまとまった総選挙雑感の・ようなもの

誰もがわかっていたように自民党の圧勝でした、これでコイズミ自分党の確立
改革も好き放題やりたい放題、ただそれが国民のための改革かどうかは不明
でもマスコミの印象操作で何かやってくれるだろうというイメージだけで自民支持
怖いねマスコミの誘導ってw

一党独裁はやばそうなのであえて僕は民主に投票した。
【続きを読む】
スポンサーサイト
前回、前々回とトリンプ社長ブログや、眞鍋ブログの事を書きましたが、要はブログはそれを利用する人にとって、ちょっとしたきっかけでイメージアップの武器にもなるし、イメージダウンの爆弾にもなる、その影響力は使う人次第ってことです。

で、今回ブログと選挙への影響力。
先日自民党がブログやメルマガ発行者を呼んだ懇談会を実施したことがニュースになってますが、
■「今回はブログ普及後で初の選挙」自民党幹部がブロガーら33人と懇談会
■自民党が“ブロガー記者会見”
■「マスコミからクチコミの時代へ」--自民党がブロガー、メルマガ発行者と懇親
こちらは参加者リストが載ってます

載ってるリストは自分はまったく知らない人だらけ(有名な方だったらごめんなさい)、はてな社長くらいだった、その他の人はネットオピニオンに影響力のある人達なのでしょうか?

この懇談会も確かに”ネット内”では話題になってますが、大手マスコミやメディアで殆ど取り上げられることもありません。記者クラブが締め出しを食ったということもあるかも知れませんが、これも自民党のパフォーマンスの一つなんじゃないかと思われ。

ネットに向けての反応の様子見程度のものでしょ

それに釣られてブログが無視できないメディアになったと騒いでいるのは幻想だと思う。今回の選挙がブログの普及以降初めての選挙として注目されてはいるが、世論を動かす程の影響力までは行ってないと思う

R30 特別寄稿!『ブログは選挙マーケティングの何を変えたか ~前編~』

なぜそれが画期的なのか。考えてもご覧なさい。この選挙で自民党が勝ちでもしたら、それがどの程度正しいかどうかはともかく、自民党の勝因の1つに「ブロガー対策を行ったこと」が数えられるのは確実だからだ。


これはちょっと過大評価し過ぎじゃないかな、対策を行ったという割には選択されたブロガーはとても影響力があると思えないし、ネットも十分意識しているという自民のアピールに使われたようなもので、”無視できないメディア”っつーのもリップサービスでしょ。
民主党より先にやったって事は意味があるかも知れんが(^^;

一般的にブログを活用(開設したり巡回)している層は主に20代から40代くらいまでで、更に積極的に意見を見たり参考にしているのはその中でまた一部だ。日常的にネットに接しない層が投票率の殆どを占めている選挙で、確かに投票率は過去より上がるかも知れないが、それはホリエモンを初めとするメディア主導の劇場型選挙のせいで、ブログの影響力とは関係ない。

逆にマスコミが騒いでいるから、ブログを含めたネット内で議論が拡散しているように見える

いくらブログが普及したと言ってもニッチであることに変わりは無い、まだ2chオピニオンの方がネチズンや大手マスコミに影響を与えるんじゃないか?
ブロガー界隈の小さなマスで盛り上がっているのを全体的に捉え過ぎの感が否めない、

マスコミではわからない事を積極的にネットで調べて、ブロガーの意見を参考にしたりする人もいるだろうが、そういう人達が実際の選挙にどこまで影響するかと言ったら僅かだと思う


ネットを見回しても選挙関連に言及している一般ブログより、ちょっと芸能ネタを書いている方が圧倒的にコメントやTBが多いのだから(w
解散後の日々

その発言が割りと危険な西村議員ですが、ちょっと良い事いってます。

 それは、我が国をアメリカを手本とするマネーゲーム的国家にするのか、それとも、物づくりを基本におく国家に徹するかである。
 その意味で、小泉総理が、本年にマネーゲームでマスコミを騒がした「ほりえもん」と言われる人物と面会し、郵政民営化反対の首魁亀井静香氏の選挙区に彼をぶつけることは象徴的である。

 私は、我が国はマネーゲームを讃える国家になってはならんと思う。
 日本人がいつの頃からか身につけた勤労を尊いこととする
「勤労の精神」と勤労者を大切にする社会の価値を、我々は見直すべきだ。
 人の上前をはねることに熱中するのではなく、人類にとって不可欠なものを作り出すことができる国家日本を誇りに思い、発展させていくべきなのだ。

 アメリカのマネーゲームの猛者達の要求を、小泉氏とその学者のように「グローバルスタンダード」として崇めてはならない。
 日本人にとって、日本の国益にかなう方針が尊いのだ。


今度の選挙は日本の姿がマネーゲーム的国家にするのか、物づくり国家になるかの分岐点だ言っているのだ。

シンプルだが、何か凄くわかりやすいポイントだと思う。
これまで戦後奇跡的な経済発展をとげ、バブル崩壊後も、何とか立て直してきた土台はどこにあるのかと考えれば、それは物づくりとしか言い様が無い、物作り国家としての基本的土台があって始めて、経済発展が行われてきた、世界一を争う自動車産業や、ハイテク技術、表には出てこない数々の会社が、各分野の世界シェアを獲得している、外国の車のオートマだって日本の製品が多用されているし、最近の身近な話題ではiPodの裏側は新潟の小さな工場で職人が一つ一つ機械で研磨して鏡のような光沢をだしているのだ

そう考えると、この選挙において、アメリカ的マネーゲーム国家に変わるとどうなってしまうのか?
これまでの根源的日本社会の骨格が崩れ、一部の支配者階級と労働者階級のように2分化されて、金のあるところにしか金の流れない「ネオ階級社会」の可能性も、現在の中国のような格差のある社会になるんではないか?(もうなりつつあるが)

なんだか何が正解なのかわかんなくなってきた・・
もう夜も明けたし、眠くて思考が・・
なんだか眠いよパトラッシュ・・
菊間事件で一躍ネットに躍り出た、謎の事情通女きっこ

この人の日記がまた、妄想なんだか事実なんだか、ネタとして物凄いんだがw

それでよく政治についても、好き放題言い放っているいるのを思い出した
小泉首相の疑惑満載。「きっこの日記」のすごい内容

 本紙はその存在を知らなかったのだが、「きっこの日記」なるブログが、その事情通ぶりから、たいへんな人気(アクセス)を集めているとの情報提供があった。
 なかでも注目を集めているのが小泉首相を始めとする政治家ネタ。
 紹介するのは04年12月と、かなり以前のものだが、地元・神奈川県内のタクシー会社との癒着、さらにはレイプ疑惑に関して、詳細が述べられている。


裏がとってあるのかどうか知らないが、こいつは探偵か!?というくらい、裏情報を知っている
コイズミ迷言集

最近もまたコイズミについて言及していた
嘘で塗り固めた男
既に非難中傷の域に達している内容なんだけど、ここまで書いちゃって大丈夫なんだろうか?

この人の政治ネタに関しては、ジャーナリスティックの爆発なのか何か暴走気味なところは否めないんだけど、ついこの間、自民党がブロガーを集めた懇談会と言うのを企画していた。
集められた人達の基準がイマイチわからない(企業の社長が多いっぽい)が、噂ではきっこの正体が某週刊誌の記者という話らしい(フリーのヘアメイクにしては情報の幅が広すぎるとか、やたらコイズミ批判が目立つとか)

ホントに記者だったら突撃取材をして、日ごろぶちまけている批判をぶつけてみたら面白かったのにと思った。
実際に無理矢理出席して質問をぶつけている人もいるし
自分の日記がほぼコイズミのネガティブキャンペーンみたいな記事だから、自民党の人も知っていたら要注意人物だろうから、何か策があったかもしれないけど、どうせ知らないんだろうな

このブロガーとの懇談会もホリエモンあたりの入れ知恵なんだろか、急にこの辺りを自民党が意識しだすなんてね、お互い様子見状態だろうけど、こういう行動もネットでの自民支持率とかに一役買ってるんだろうなと思う今日この頃なのだ(c)きっこ
ブログは選挙マーケティングの何を変えたか(前編)


議員の裏情報とかこの辺も(怪しいが)
国会議員情報局

小泉首相の疑惑
こんな記事があっただよ

シリーズ闇の正体「“交通安全協会費は不可解”の声」

免許持ってる人は避けて通れない免許更新、実はその際無駄にお金がふんだくられると言う話
言われてみると、更新手数料以外に協会費というものを請求される、その実態に愕然!

交通安全運動の推進などを目的に設立された財団法人で、免許更新の手続き業務も、警察から委託を受けた協会の職員が行っている。

つまり、窓口で請求された2,500円は協会の入会費に過ぎず、免許の更新に必要な費用ではない。


これは知らないと毎回払っている事に!
おまけにその内訳が酷い、子どもたちの交通安全教育のためと言う名目の元、実態は職員の給料に80%が使われている、その職員は警察OBの天下り職員も含まれているのだそうだ。

疑惑は、尽きない。

今年6月、神戸市内の宴会場で、兵庫県安全協会の懇親会が開かれ、100人ほどの役員が一堂に会した。

立食の料理にビールやウイスキー。

テーブルごとに女性コンパニオンがつくという豪華さだ。

パンフレットによると、費用は1人1万円。

どう見ても交通安全運動とは結びつかないが、なぜか代金は全額協会が負担していた。


こんな事にまで、協会費が使われている!人の金で飲み食いしている、こんな天下り連中が実際あちこちにいるわけだ。
無駄に払っている”協会費”で警察官の天下り組織を支え続けているのが実態だ。是非今度の選挙後、こういうゴミのような法人団体をドンドンぶっ壊して欲しいぞコイズミ君!
2004秋球界参入、2005春テレビ業界参入、そして政界遂に参入
堀江ライブドア社長、無所属で広島6区出馬へ

 堀江氏は会談後の記者会見で「郵政民営化には賛成だ」と述べるとともに「広島6区には賛成する人がいないので出馬を決意した」と語った。ライブドアの社長については今後も続けることを明らかにした。


参入したがりホリエモンが、政治の世界に足を踏み入れた(^^;
もうホントにネタ提供が素敵な人ですね。

自民党は客寄せpandaになるし、ホリエモン的には久しぶりに話題に上って利害が一致、その上での出馬ということでしょうか?

キャラ的には民主党っぽいホリエモンなのに、自民党に押されて出馬とは不思議
だって、例のCXとの闘争の時、自民の某森氏から散々”時間外取引はおかしい”とかなんとか文句言われたくせに、何のわだかまりも無く、自民の話に乗っかるのは何か裏がありそう。

今後のために、自民の老獪な人々に顔を売って置く布石のような気がしてならない。
なんてったって、今度のターゲットは5%弱の株を買ったテレビ東京かもしれないからね(w
関連して日経新聞とかを遠まわしに狙っているのかも

目的達成の為には手段は選ばないから、今はとりあえず興味の無い政界にも、自民党のパイプ作りのため出馬を受け入れたんではないでしょうか?
おまけに広島6区という話題性十分の亀井しずかちゃんの地元で

よく知らないけど、東京に住んでて縁もゆかりも無い広島に住民票を移すだけでOKなの?
そんな簡単に好きなところに出馬できるとは知らんかった
自民党にとっては”毒をもって毒を制す”かたちになって都合もいい

ただ、こんな事にしたおかげで、せっかく郵政の是非を問うというスッキリ選挙のはずが、すっかり無意味に刺客を送り込むことで、焦点がボケてしまった。
またワイドショー的展開の選挙戦だ、バカマスコミにとってはいいネタが提供されてウホウホだろうね
結局はまたメディア選挙で、政策なんかどっかへ行ってしまう、これじゃ解散の意味が無い。コイズミはまともにやれば圧勝だったと思うのに、余計な事をはじめちゃったな

ただその他の政党に興味を持たせないというところが、コイズミのメディアの使い方がうまいところだ、それに乗っかるマスコミの能天気ぶりも、なんだかな~

おそらくマスコミは面白がって、郵政反対派VS自民刺客をとりあげて、世論をミスリードしていくだけの報道だ。何が大事なのかわかってない、結局また得をするのは売名出馬でメディアに出まくるホリエモンだ

たぶん当選はしない(最初からそのつもりだろう)と思う、
でも十分宣伝になって、サイトのページビューも上がるし、株価もあがる、社長としては最高の営業だ、自民党的にも、メディアの話題がその他の政党に行かないから、民主党とかに票を入れさせない事に繋がるし、
まさにwin-winの関係!シナジー効果爆発ですよ(w

ウグイス嬢はやっぱり乙部さんがやるんでしょうか?


それにしても静香ちゃんの国民新党・・・
どう見たってメンツが老人サークルだよ・・
一目でわかる綿貫ちゃんの反対理由

関連エントリー:
コイズミ自爆テロ解散で国民はどーするべきか
プリーズ・Mrポストマンブルース(郵政民営化の前に
【続きを読む】
衆議院で郵政民営化法案が可決されてから1ヶ月、
コイズミ首相の意向通りの参議院で否決->衆議院解散の流れになりましたね、本来なら参議院で否決された場合、”衆議院の優越”制度があるので、衆議院に差し戻して、再審議を行い、出席議員の2/3以上の賛成があれば法案成立なのですが、それも無理っぽいので、どっちにしても解散ですね。

法案の是非を国民に問うというスタイル、自分の知る限りでは今回が初めてです(過去にはあったかも)
僕は、以前のエントリーでも書いたように、民営化そのものはどっちがいいかわかりません。
ただ、財政投融資特定郵便局の廃止を行うのであればその部分は大賛成です。

個人的には何が何でも民営化というより、もう少し審議してと思ってたのですが、解散総選挙という、コイズミの自爆テロが発動してしまいました。

おまけに、反対議員は全員公認しないという暴挙?
コイズミは本気なんですね
さて国民は何を選択すべきなのか?

あの死んだ魚の目をした、ジャスコ御曹司岡田代表率いる民主党に至っては、具体的な反対法案もなく、目的は政権をとるだけ、結局は自らの利権、反対のための反対を終止叫んでいるだけ,中身は旧社会党の残党です。

公明党にいたっては、政権が欲しいだけの理念無し政党ですが、強力な支持団体がバックなので、一般国民に関係ないところで票は集めるでしょうね(阻止しなければなりません)

社民党、共産党は・・・

さて問題の反対勢力ですが、もちろん族議員の方々や、郵政民営化によってメリットを失う議員やら、田中角栄の時代から、脈々と受け継がれてきた、利権に巣食う魑魅魍魎達です。
現在の不自由民主主義役人天国の日本の実態を、長々と継続させてきたのがこの反対勢力の議員達(全員とは言わないが)と言ってもいいのではないでしょうか?
今回はこの人達に、自民党公認は与えず、すべての選挙区で賛成派の対抗馬を出すそうです。

そうすると、郵政民営化うんぬんは抜きにして、今度の選挙は、バブル以降の失われた10年といわれた元凶であるこのA級戦犯達を、一掃排除する最初で最後のチャンスなのかも知れません。

ここでまた同じような人達が、選択されたらホントに日本はもうダメかもわからんね

消去法で行けば、自民党の民営化賛成派を選ぶのが、国民の義務のような気がします。
初めて、選挙で国民の選択に日本の将来がかかってるビックイベントになるかも知れません
角栄型政治を終わらせる選挙です。

その日はあの9.11、グラウンド・ゼロと同じだなんて、
なんということでしょう(ビフォー・アフター風)
アメリカが変わった日が、日本が変わる日になるかもですね、皆さん選挙行きましょう!


■衆院選 どこに投票する?
■郵政族議員を落選させよう
■やはりマスコミがひた隠しにする郵政解散の理由と争点
■郵政解散-小泉総理記者会見全文(2005/8/8)
■郵便局はいかさま天国? 「自民党と歩んだ相互膨張の半世紀

そういえば、ブログがこれだけコモディティ化した現在、ネットの影響が民意に反映するのかどうかも気になるところですね
アメリカの大統領選挙の空気が日本でも感じられるでしょうか?ブログ時代になって初の国政選挙が、ネットの力で大きく作用されるなら、政治も大きな変革があってもいいよね

ブロガーやネチズンがどう動いて行くか、非常に興味深い。
■総選挙はてな
■2005夏衆院総選挙まとめブログ
© { marble Beat* }. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。